自己否定をやめて笑顔になった女性

自己否定をしていると、どうしても、うまくいかないことが多くなってしまいます。

 

そして、うまくいかなかったという結果が、さらに自己否定感を強くするという悪循環に陥ってしまいます。

 

この状態から抜け出すためには、どうすればいいかということですが、その前に、そうなってしまう原因について、少し詳しく見ていきたいと思います。

 

自己否定の原因

自己否定感が強くて、すごく気持ちの弱い人がいる一方で、自己肯定感が強くて、自分にしっかりとした自信を持って生きている人がいます。

 

一体何が違っているのでしょうか?

 

それは、自分の潜在意識の中に、どんなイメージがたくさん蓄積されているかの違いです。

 

(潜在意識の中に蓄積されているイメージというのは、生まれてから今までの様々な体験や経験によって、自分の潜在意識の中に蓄積された全てのイメージのことです。)

 

自分の潜在意識の中に、肯定的なプラスのイメージが多く蓄積されている人は、そのプラスのイメージの影響で自己肯定感が高くなりますが、自分の潜在意識の中に、否定的なマイナスのイメージがたくさん蓄積されている人は、どうしても自己肯定感が低くなり、自己否定感が強くなってしまいます。

 

うまくいかない原因

世の中には、(100%ではないにしても)何をやってもうまくいくという人もいれば、何をやってもうまくいかないという人がいます。

 

一体何が違っているのでしょうか?

 

それもやはり、潜在意識の中に蓄積されているイメージの違いです。

 

「引き寄せの法則(潜在意識の法則)」をご存知でしょうか。

 

一時期『ザ・シークレット 引き寄せの法則』が大きな話題になりましたから、ご存知の方も多いと思いますが、人は誰でも、自分の潜在意識の中に蓄積されているイメージ通りの人になり、蓄積されたイメージ通りのものや状況を引き寄せるというのです。

 

これは本当にあります。

 

ですから、潜在意識の中に肯定的なプラスのイメージがたくさん蓄積されている人は、そのプラスのイメージ通りのいいものを引き寄せますから、いろんなことがうまくいきますが、潜在意識の中に否定的なマイナスのイメージがたくさん蓄積されている人は、そのマイナスのイメージ通りのよくないものを引き寄せてしまいますから、いろんなことがうまくいかなくなってしまいます。

 

「自己否定→うまくいかない→自己否定→」という悪循環の根本的な原因

自己否定をしているから、自分に自信が持てず、思い通りに行動できなかったり、ちょっとやって結果だ出なければすぐに諦めてしまうから、何をやってもうまくいかない。

 

うまくいかないから、そんな自分を嫌ったり、自分を責めたりして、自己否定感が一段と強くなってしまう。

 

そして、自己否定感が一段と強くなって、いろんなことがますますうまくいかなくなるという悪循環に陥ってしまうのですが、こういった状態になってしまう大元の原因は、自分の潜在意識の中に蓄積されているマイナスのイメージにあります。

 

ですから、この悪循環を断ち切って、いい方向に向かって進んで行くようになるためには、自分の潜在意識の中に、肯定的なプラスのイメージをたくさん蓄積させることが必要不可欠です。

 

潜在意識の中にプラスのイメージを蓄積させる方法

自分の潜在意識の中にプラスのイメージをたくさん蓄積させるためには、どうすればいいかということですが、そのためには、プラスのイメージを受け取ることが出来るいい人、モノ、本、音楽、映画、芸術、イベント、大自然などにたくさん触れることが必要です。

 

ただ、私たちが普通に暮らしていると、大抵の場合、周りから受け取るものは、プラスのイメージより、マイナスのイメージの方がずっと多いというのが現実です。

 

ですから、自分の潜在意識の中のプラスのイメージを増やすということは、実際にはなかなか大変なのですが、いいものに触れる機会を増やすことや、アファメーション(肯定的な自己宣言)をおこなうことで、プラスのイメージを増やしていくことが出来ます。

 

ただ、どんな方法で取り組としても、内面から自分を変えるのですから、一朝一夕というわけにはいきません。

 

ですから、続けるということが何より大事です。

 

心ががあまり負担を感じることのない楽なペースで取り組んで、自分の潜在意識の中のプラスのイメージを少しずつ増やしていき、自己否定感を克服して、一度きりの人生を楽しくて充実したものにしていきましょう。