自己否定感が低いのを解消し、自己肯定感を高めて笑顔の女性

自分が嫌いな人が、自分を好きになる方法

自分のことが嫌いだと、つらい思いをすることが多くて、毎日が本当ですよね。

自分が嫌いで悩んでいる人が、本当に多くおられますが、自分が嫌いなことの問題点は、大きく二つあると思います。

 

1.人生が楽しくない。

人は何のために生きるのかとかと言われても、私ははっきりと答えることが出来ませんが、ただ、一番大事なのは、楽しく生きることだと思っています。

 

ですから、自分が嫌いで、人生が楽しくないという状態は、絶対に解消しなければいけないと思います。

 

2.人生がうまくいかない。

自分が嫌いな人は、考え方がものすごくネガティブです。

 

自分のことだけでなく、他人のことも、世の中や社会のことも、ものすごく否定的な見方をしています。(表には出さないことも多いですが、内面では、ものすごくネガティブな考え方をしています。)

 

ネガティブな考え方をしていると、どうしても現実もネガティブな方向に向かってしまい、うまくいかないことが多くなってしまいます。

 

では、自分が嫌いな人は、どんな理由で自分を嫌ってしまっているのでしょうか。

 

自分が嫌いな理由

 

・顔やスタイルといった自分の容姿が嫌で、自分が嫌い。

 

・自信がなくて、思い通りに行動できない自分が嫌い。

 

・いつもオドオドしていて、言いたいことも言えない自分が嫌い。

 

・何かあるとすぐにイライラして、攻撃的になってしまう自分が嫌い。

 

・新しいことを始めても、すぐ三日坊主になってしまう、だらしない自分が嫌い。

 

・夢や目標がなくて、流されるように生きている自分が嫌い。

 

・すぐいい格好をしたがる見栄っ張りな自分が嫌い。

 

優しさがない自分が嫌い。

 

・いい人を演じて、Noが言えずに、嫌なことでも引き受けてしまう自分が嫌い。

 

・ちょっとしたことで、すぐ不安になって落ち込んでしまう自分が嫌い。

 

すぐ言い訳をする自分が嫌い。

 

他人の批判ばかりしている自分が嫌い。

 

では、こういった自分の嫌な面を克服して、自分を好きになるためには、どうすればいいのでしょうか。

 

自分を好きになる方法

ネガティブな口癖をなくする。

「どうせ私なんか・・・」「私はダメだから」「どうせ続かない」「できるわけがない」などといったネガティブな口癖は、自分のネガティブな考え方を増幅させ、それによって一段と自分のことが嫌いになってしまいます。

 

すぐにポジティブな口癖に変えることが出来なくても、意識的に、ネガティブな口癖を減らしていくことは、自分を好きになるために、ものすごく大切なことです。

 

自分の弱い面、ダメな面を受け入れる。

自分の弱い面やダメな面だけを見つめて、それを受け入れようと思っても、なかなか難しかったりしますが、自分の良い面も同時に考え、「自分には○○な弱い面や、△△なダメな面があるけれど、□□な良い面もある」といった考え方をすれば、自分を受け入れやすくなります。

 

完璧を求めない。

真面目タイプの人に多いのですが、完璧主義だと、ありえない完璧を基準にして自分のことを見るから、どうしても自分のダメな面に目が行ってしまい、自分のことを否定的に見てしまいます。

 

人間に完璧なんてありえないことを理解し、どんなに小さくてもいいから、自分の良い面に目を向けることで、少しずつ自分を肯定できるようになり、それが自分を好きになることに繋がっていきます。

 

自分を好きになるためには、完璧主義から抜け出すことが必要不可欠です。

 

他人との比較で自分を見ない。

これも真面目タイプの人に多いのですが、他人の優れた面と、自分の劣っている面を比べて、自分はダメだと思ってしまいがちです。

 

そんな見方をしていては、絶対に自分を肯定的に見ることが出来ないですよね。

 

そもそも比較すること自体が間違っています。

 

他人との比較で自分を見るのではなく、もし比べるとしたら、昨日の自分、先週の自分、先月の自分、昨年の自分とですよね。

 

「人は人、自分は自分(違っていて当たり前なんだ)」という考え方は、自分を肯定的に見るために、とても大事です。

 

何かに夢中になる。何か一つ得意な分野を持つ。

何か一つだけでも、自分が誇れるものがあれば、それによって自信が持てるようになるし、そうなれば、自分のことを好きになることが出来ます。

 

嫌なことをやっても、なかなか上達しませんが、何か自分が夢中になれること、好きな事なら、そこそこ上達していくと思います。

 

何か一つ得意なことを身につけ、それで自分に自信を持つことで、自分を好きになれます。

 

他人にどう思われるかではなく、自分がどうしたいかで生きていく。

これはすごく大事なことです。

 

もし自分ではない誰かが、自分がどうしたいかではなく、いつも周りの目を気にしながら、周りの人によく思われることばかり意識して生きているのを目にしたら、あなたはその人に魅力を感じますか?その人を好きになりますか?

 

おそらく、そんな人には、魅力を感じないし、好きになれないと思います。

 

その人が、自分ではない誰かではなく、自分自身だとしたら、どうでしょうか?

 

やはり、好きになれないと思います。

 

自分を好きになるためには、自分自身が、他人の価値観ではなく、自分の価値観で生きていくということが、絶対に必要です。

 

自分のいい面に目を向ける。

自分が嫌いという人は、ものの見方がとてもネガティブで、自分自身のよくない面ばかりに目を向けてしまいがちです。

 

自分のよくない面ばかり見ていたら、誰でも自分のことが嫌になってしまいますよね。

 

そういったよくない面を見てしまうという癖があることを自覚して、自分のいい面に目を向けることが大事です。

 

ただ、「自分のいい面に目を向けましょう」と言われても、すぐに忘れてしまって、なかなかその通りに出来ないと思います。

 

ですから、褒め日記を書くようにするといいと思います。

 

自分のいい面や今日の良かった点だけに焦点を当てて、それを書き出して、自分を褒めてあげるのです。

 

意識的に自分のいい面を見ることで、自分を好きになるのです。

 

身体を鍛える。背筋を伸ばし、視線を上げて、深い呼吸をする。

身体を鍛えることで、自分に自信が持てるようになります。

 

自分に自信が持てるようになると、それだけで、自分のことを好きになれます。

 

また、背筋を伸ばし、視線を上げて、深い呼吸をすることで、心の状態がよくなり、ものの考え方や見方が肯定的になります。

 

当然、自分に対する見方や考え方も肯定的になっていきますから、自分のことを好きになります。

 

 

自分のことを嫌いなままでは、毎日がとてもしんどいし、人生が辛いものになってしまいます。

 

自分に合った方法を見つけて、自分のことを好きになって、自分で自分の人生を楽しいものにしていって頂ければと思います。

 

 

(参考サイト)

自分が嫌い!は病気?アダルトチルドレンのセルフチェック法と克服法

自分が嫌い、消えてしまいたい…そんな風に考えるときはありますか?もしかしたらあなたはアダルトチルドレンかもしれません。アダルトチルドレンとは、そのまま訳すと「大人子供」になってしまいますが、本当の意味はそうではありません。子供の頃に受けたトラウマを抱えた大人のことです。アダルトチルドレンは、なぜだか分からないけど生きにくい…と感じている大人に多いようです。今回は、アダルトチルドレンのチェックリストと克服法を紹介いたします。

 

「自分が嫌い」を克服する心理学|カウンセラーが原因を診断

自分が嫌いすぎてイライラする。「なんのために生きているのかわからない」と悩みを抱えてしまう。もしかしたら、あなたはいまそのような気持ちかもしれません。しかし、ご安心ください。私は心理カウンセラーとして、「自分が嫌い」「自信がない」などのカウンセリングを累計3000時間以上行ってきました。この記事では、自分が嫌いと悩む人に向けて原因と具体的な解決策を提案。読んで実践すれば、今抱えているモヤモヤした気持ちが晴れていきます。下記の自分が嫌いな5つのパターンを知り、まずはぜひ実践してみてください。

 

自己否定は今すぐやめなさい!自分が嫌いな人がやるべき7の改善法

自己否定を今すぐ改善しないと、自分嫌いが深刻になり「つまらない人生」を送ることになります。しかし、自分が嫌いになるメカニズムを知れば、自己否定を解消することは簡単です。

 

「自分が嫌い」自分を嫌いになる12の理由と対応策 | こころにまるを

自分を好きになりたいけれど、自分を好きになれない。むしろ、自分が嫌い。その理由もわからないし、今に始まったことではない。自分が嫌いだと自分に自信が持てないし、自分を否定する感情がすぐに湧いてきて、辛いですよね。「自分が嫌い」なのは、自分を嫌いになるパターンを今まで知らなかったからです。自分を好きになる方法は当然あるのです。自分がどこに該当するか確認して、ぜひ、対応策を試してみてください。自然と、自分を認めることができ、自分を好きになっていきます。

 

自分が嫌いだという人へ。自己評価を上げる11の方法

精神科を受診する方は、気持ちが弱っていることもあり自己評価が低い傾向にあります。中には「自分のことが大嫌い」とまでおっしゃる方もいます。自己評価が低いと、自分に自信が持てないので行動も消極的になってしまいます。すると消極的な自分がまた嫌いになってしまい、どんどん自己評価が落ちていく悪循環に陥ってしまいます。自己評価が低すぎると、自分のしたい事ができなくなり、ストレスもたまりやすくなります。うつ病などの精神疾患にもかかりやすくなると考えられます。自分の短所だけを見て「こんな自分は嫌いだ」と嘆くのではなく、良いところと悪いところ両方をみて、自分を公平に判断しなくてはいけません。 今日は、「自分が嫌い」だという方へ、自分を好きになるためのポイントをお話したいと思います。

 

自分が嫌い!人生をやり直したい! | 後悔しない生き方

自分が嫌い!でも日々の生活や仕事をこなさなくては。あなたはいま、本当に苦しい日々を送っていることでしょう。自分が嫌いになっているから、人生をやり直したい!そう感じているかもしれませんね。しかし、あなたはとても賢明な方ですね。自分が嫌いと理解できている自分をまず褒めてあげましょう!自分が嫌いと思えるのは、自分を理解していることなのです。自分を理解できなくて、もっと苦しむ人が大半なのです。さて、本日は自分が嫌いなときに、自分を信頼する方法を授けましょう。

 

心がスッと軽くなる!自分を嫌いになってしまったときの対処法

何をやってもうまくいかない時、自分は周りより劣っていると感じたり、自己嫌悪に陥ったりしてはいませんか?また、中には常に自分はダメな人間だと感じていたり、自分のことが好きになれないという方も居ると思います。自分を嫌いになってしまったときは「周りの人はみんな輝いているのに、なんで自分はこんなにダメなのだろう」と感じ、どんどん心が沈んでいってしまいます。そんな辛い状況から抜け出すためには、どのように考えてどんな行動をとればよいのでしょうか。

 

自分が嫌いな人の心理と原因4つ | 男性が好きな人にとる態度

自分が嫌いで仕方がないと嘆く人もいれば、自分を受け入れてありのままの自分を愛そうと、意識を変える人もいます。自分が嫌いな人の心理というのは、大昔に発見されており、その心理とはある2つの型が存在すると言われています。

 

たった3つ!「自分のことが嫌い」な人にしてほしいこと。 – NAVER まとめ

どうしようもなく自己嫌悪に落ち込んでしまった。自分の存在が小さく思える、鏡を見るのも嫌になる、思ったようにしゃべれない、行動できない自分が嫌い、ポジティブになれない自分が憎い。そんなときにやってほしいことを3つご紹介します。