自分が嫌いなのを克服して、自分を好きになって、喜んでいる女性

自分を好きになれない悩みと自分を好きになる方法

「自分が大好きという人のことを、私は理解できません。」

私は今まで、自分を好きだと思ったことがありません
受験も就職も自分が望んでいたようにはならなくて、自分に自信がありません。
本を読むと、自分に自信があるフリをしていると、自分を好きになれると書いてありましたが、フリをしても、3分も持ちません。
すぐに忘れてしまっていて、思い出した時には、ダメな自分に嫌気が差してしまいます。

 

「自分が嫌いでどうしようもないです。」

母も妹もきれいなのに、私だけブサイクで、おまけに下半身デブです。
両親ともいい大学を出ていて、妹も成績がいいのに、私だけ勉強ができません。
何をやっても続かないし、性格も意地悪な所があって、自分が嫌でたまりません

 

「強い劣等感を持っていて、それを消すことが出来ません。」

根暗で口下手なために、自分が話すと楽しい雰囲気を壊してしまいそうで、みんなでいる時には、いつも黙っています。
以前は自分から積極的に話したりもしていたのですが、なんだか空回りしているみたいで、嫌になってしまいました。
だれかと二人でいるような時でも、冗談を言ったり、自分のプライベートなことを話したりすることが出来ずに、堅苦しい話ばかりしてしまって、重い雰囲気になってしまいます。
そんな自分を変えて、もっと前向きになりたいのですが、委縮してしまいます。
逃げてばかりの自分が本当に嫌です
でも、コンプレックスをなくして、もっと楽しく生きたいです。

 

「話が下手で社交性がありません。ルックスも悪いし、人とコミュニケーションをとるのが苦手です。」

いつも人の目ばかり気にして自分を出せません。
変わりたいと思っているのに、思うだけで何も行動しない自分を好きになれません
自分のこともよく分かりません。
こんな自分を好きになるには、どうすればいいですか?

 

「他人にどう思われるかということばかり気にしていて、そんな自分を好きになれません。」

自分は人から愛される価値がないし、愛されるはずがないと思ってしまいます。
自分のことを好きになれず、他人によく思われることばかり考えて生きています。
他人の評価ばかり気にして、自分の人生ではなく、他人の人生を生きているような気がします。
もっと自分のことを好きになって、他人の目をきにしないようになりたいです。

 

「私は一見穏やかで優しそうな感じがしますが、内面は全然違います。」

ただ、自分を出すことが出来ず、いつも自分を取り繕っている感じです。
これまでずっとこんな生き方をしてきましたが、それが最近すごくしんどくなってきました。
本当の自分を知られてしまうのが怖くて、いつもオドオドしています
自分に自信を持って、自分を好きになって、自分をもっと出して、もっと楽しく生きていきたいです。

 

「私はすごく感情的で、ちょっとしたことに振り回されてしまいます。」

また、弱い自分を隠すために、何でも知ったかぶりをしたり、相手に対して見下したような態度を取ったり、変にプライドが高くて困っています。
自分でも改善しなればと思って、自己啓発書を読んだりするのですが、その時は変わろうと思っても、すぐに忘れてしまって、元の自分に戻ってしまいます。
いつもイライラしながら生きていて、すごく疲れます。
このままだとすごくしんどいですし、何とかして自分を変えたいです。

 

「表面的な話しかしないから、本当に仲のいい友達が出来ない。」

人の話を聞きながら、他のことを考えていたりする。
人のことをあまり好きになれないし、自分のことも好きでない
すぐに人を否定的に見てしまう。
私は、自分が情が薄いのではないかと思う。
もっと熱く生きてみたい。

 

「もういい大人なのに、自分の内面の幼さに呆れてしまいます。」

大人なら当たり前の考え方や行動をすることが出来ない自分が嫌です。
もっと成長して、自分のことを認められるようになりたいです。

 

「子どもの頃から自分が嫌いで、変わりたいと思っていました。」

社交性がなくて、なかなか友達が出来ないし、やっと友達が出来ても、自分で壁を作ってしまって、自分を出せないから、すごく親しくなれません。
自分を変えたいと思って、スポーツをやったり、ファッションを勉強したり、いろいろやってきましたが、内面は変わっていません。
「自分のことを好きでないと、本当に幸せにはなれない」ということをよく聞きますが、私は今も自分のことを好きになれません
どうすれば、自分を好きになれるのでしょうか?

 

「自分に全く自信が持てません。」

周りの人がみんなすごく思えて、自分のダメさ加減が本当に情けないです。
自分なんか生きていても仕方ないと思ってしまったりします。

 

「何をやってもうまくいきません。」

このままではいけないと思って、頑張って行動しても、三日坊主になってしまい、何も変わりません。
また、いつも言いたいことが言えずに我慢してばかりです。
思うようにならない自分に腹が立つし、そんな自分を責めて、すごくイライラしたり、落ち込んでしまったりします。
どうしたら、自分に自信を持って、もっと自分らしく生きていけるようになるでしょか?

 

「私は自分の顔が嫌でたまりません。」

人から時々、かわいいとか、笑顔がステキと言われたりしますが、全然信じられません。
性格も、優しいと言われたりすることがありませんが、どうせお世辞だろうなと思ってしまいます。
なんだか、自分も他人も信じられず、すごくネガティブになっているような気がします。
もっと前向きな考え方をして、自分のことも好きになりたいです。

 

自分を好きになれない悩みを抱えている人が、自分を好きになるためには、自己肯定感を高めることが必要不可欠です

 

自己肯定感が低いのは、自分の潜在意識の中に、否定的なマイナスのイメージがたくさん蓄積されていることが原因ですから、自分の潜在意識の中に、肯定的なプラスのイメージをたくさん蓄積させれば、自己肯定感は高まります。

 

では、潜在意識の中にプラスのイメージをたくさん蓄積させるためには、どうすればいいかということですが、そのためには、プラスのイメージを受け取ることが出来る人、モノ、本、映画、音楽、芸術、イベント、大自然などに多く触れることが必要です。

 

ただ、いいものに触れていても、潜在意識の中のプラスのイメージは一気に増えるわけではありません

 

ですから、どうしても時間がかかりますが、日々の生活の中で、いいものに触れる機会や時間を、意識的に増やしていくことで、潜在意識の中にプラスのイメージをしっかりと蓄積させれば、自己肯定感は確実に高まります。

 

そして、自己肯定感が高まれば、自分のことを好きになります。